61年会について

代表挨拶

拝啓 初夏の風もさわやかな今日この頃
皆様におかれましては、益々ご活躍のことと存じます。

さて、来たる平成28年(2016年)、私たち昭和61年(1986年3月)の卒業生は、卒業後30年という節目の年を迎えることとなります。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、滝学園同窓会総会・懇親会は、毎年9月の第1日曜日に行われ、卒業後30年の学年がその幹事を担当することが慣例となっております。これを受けて、昨年末より、有志にて集まりを重ね、準備委員会を発足させました。これを機に、全国に散らばっているなつかしい友人が集い、語り合える機会が得られるのならば、私たちはそれを楽しみに、活動を進めていきたいと思っております。
なお、今後の準備・運営に共に携わっていきたいとのお考えの有志の方がおいでになりましたら、その旨ご連絡いただきますようお願いします。
また、61年卒業生の連絡網として『滝学園61年会(昭和61年卒業生の会)』のホームページを開設しましたので、ぜひご登録をお願いします。メーリングリストや掲示板も開設しており、懐かしい写真等をアップしたフォトアルバム等、充実させて行きたいと考えています。
お問い合わせはこちら

平成27年4月吉日
実行委員会 会長 加藤 賢也

スローガン

出会いに感謝 ~ 友よ共に ~

組織表

実行委員会

会長(総括) 加藤 賢也
副会長(会長代行) 浅井 貴裕
専務理事兼副会長 浅井 真一郎
副会長(商業担当) 村田 和敏
会計(議事・HP) 野村 幸司
会計監査 小林 靖典 山口哲央
名古屋地区担当 代表:板谷 大史  副代表:堀田 博子
東京地区担当 代表:岩田 真治  副代表:日野川角 俊哉
関西地区担当 代表:朝日 秀一  副代表:柴田 修宏
理事(懇親会部) 加藤 敦仁
理事(ゴルフ部) 加藤 浩 青柳賢司
理事(総会部) 舟橋 恵二
理事(受付部) 下山 隆
理事(会員部) 渡辺 紳一郎
理事(物販部) 木下 奈保美

懇親会部 - 会場部(設営・誘導)

委員長 林 裕人
副委員長 大脇 智徳
委員 水谷 優美

懇親会部 - アトラクション部

委員長 鈴木 正仁
副委員長 完山 泰章
委員 岩田 真治

懇親会部 - 記録部(カメラ)

委員長 尾関 聡
副委員長 鷲見 幸男
委員 加藤 浩
委員 内田 俊樹
委員 倉地 宏和

懇親会部 - 映像・音響部

委員長 滝 智秀
副委員長 渡辺 紳一郎
委員 丹羽 了以
委員 梅村 応樹

懇親会部 - 応援部

委員長 脇田 重成
副委員長 青柳 賢司

総会部 - 総会部

委員長 堀西 良美
副委員長 佐藤 史洋
委員 岡田 宏美

総会部 - 受付部

委員長 白木 桂子
副委員長 福田 貴美子
委員 中根 由美子
委員 加藤 久美子

総会部 - 会員部

委員長 古池 一公
副委員長 丹羽 規彰
委員 駒田 有美
委員 小島 育生

物販・会員部 - 物販部

委員長 神辺 和子
副委員長 岩田 日和
委員 村田 和敏

61年卒滝学園同窓会実行委員会規約

(名称及び事務所)

第1条 この会は、61年卒滝学園同窓会実行委員会(以下「本会」という)と称する。
第2条 本会の事務所は、愛知県江南市古知野町小金101「てんぷらの天錦」に置く。

(目的及び事業)

第3条 本会は同級生の交流を目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
① 不定期に開催する同窓会
② その他本会の目的達成のために必要な事業

(会員)

第5条 本会の会員は、次に掲げる者とする。
昭和61年に滝学園高校を卒業した者で、本会の趣旨に賛同・協力する者

(会計)

第6条 1. 本会の経費は、同窓会会費その他の収入をもって充てる。
2. 本会の協力金の額は、役員会で審議し、総会で承認を得る。
3. 本会の会計年度は、平成27年4月18日に始まり、平成28年12月31日をもって終わる。

(役員及び会計監査)

第7条 1. 本会の役員に、会長1名・副会長2名・専務理事1名・会計1名を置く。
2. 本会に、会計監査1名を置く。

(役員及び会計監査の任期等)

第8条 役員及び会計監査の任期は平成28年12月31日をもって終了する。

(役員及び会計監査の職務)

第9条 1. 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代理する。
3. 専務理事は、本会での指示・連絡・管理・運営を行う。
4. 会計監査は、本会の会計を監査する。

(役員会)

第10条 1. 役員会は、役員をもって構成し、本会の運営に当たる。
2. 役員会開催は、必要に応じて会長が招集する。

(委員会)

第11条 1. 本会に、数名の理事を置く。
2. 理事は役員会によって選出し、総会で承認する。

(理事会)

第12条 1. 理事は、役員、正副委員長、地区筆頭代表で構成する。
2. 理事会は、必要に応じて会長が招集する。
3. 理事会の議長は、専務理事をもって充てる。
4. 理事会は、次に掲げる事項を議決、処理する。
① 本会の運営に関し、本会の目的達成のために必要な事項。
② 会員その他本会関係者の慶弔に関すること。
③ 規約、規程、その他の例規の制定及び改廃に関すること。
④ その他会長が必要と認めた事項。
5. 理事会の議事は、出席委員の過半数の賛成をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

(部会)

第13条 1. 本会に、各部会を置く。
2. 部会には正副委員長・委員を置く。

(委員の職務)

第14条 1. 委員長は、部会を代表し、会務を掌理する。
2. 副委員長は、委員長を補佐し、委員長事故ある時は、その職務を代理する。
3. 委員は、委員会を構成し、会務に従事する。

(地区代表)

第15条 本会に、次の地区代表を置く。
東京地区代表・名古屋地区代表・関西地区代表

(地区代表の職務)

第16条 地区代表は、本会を代表し各地区の会務を担当する。

(総会)

第17条 1. 会長は、総会において、前年度事業報告及び決算報告並びに新年度事業計画案及び予算案の承認を受けなければならない。
2. 臨時総会は、役員会においてその必要を認めたとき開催する。
3. 総会は、会長が招集する。
4. 議長は、会員の中から役員会が指名し、総会の承認を得た者をもって充てる。
5. 総会は、次に揚げる事項を議決、処理する。
① 本会の運営に関し、本会の目的達成のために必要な事項。
② その他会長が必要と認めた事項。
6. 総会の議事は、出席会員の過半数の賛成をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

(その他)

第18条 この規約に定めるもののほか必要な事項は理事会に諮り、会長が定める。
付則 この規約は平成27年4月18日から施行する。

協力金のお願い

運営資金のご協力をお願いいたします。

運営資金は、幹事学年の協力でまかなわれます。今後の運営資金として、(一口)3000円からのご協力をお願いいたします。節目である『90周年同窓会』を素晴らしい式典にするべく、企画・運営をしていきたいと考えております。なお、協力金の入金確認・収支報告は、HP上で確認できるようにいたします。

お振込先

  • 十六銀行 一宮支店
  • 普通 1451179
  • 口座名義 61年卒滝学園同窓会 会計 野村幸司
  • フリガナ 61ネンソツタキガクエンドウソウカイ カイケイ ノムラコウジ